黒住ゼミQ&A

黒住英司ゼミ 2010年度新歓 Q&A

Q.どんなゼミ?
A.経済学部のゼミで、計量経済学や数理統計学を扱っています。2010年1月現在、3年生12人、4年生12人が在籍しています。


Q.計量経済学って?
A.計量経済学とは、経済学の理論に基づいて経済モデルを作成し、統計学の方法によってその経済モデルの妥当性に関する実証分析を行う学問である。
(↑Wikipediaより)簡単に言うと、物事を客観的な方法で分析する学問です。


Q.数学・確率・統計が得意じゃないと無理?
A.やる気でカバーできます!「基礎計量経済学」「線形代数Ⅱ」「確率・統計」等の科目を入ゼミ後履修してるゼミテンも多いのでご安心を。とは言え、数学・確率・統計への苦手意識が強い方には厳しいかもしれないので、その点ご留意願います。


Q.先輩方の卒論のテーマは?
A.卒論作成において、制限が少なく自由度が高い点は黒住ゼミの大きな特徴だと思います!この春に卒業される先輩方の場合、本格的なマクロ経済分析から、商店街の売上に関する分析、競艇の結果・要因に関する分析まで、幅広い分野を対象にしています。自分が興味を持っているコトを卒論で扱えます!


Q.勉強以外ではどういう活動をしているの?
A.昨年度は、5月にソフトボール大会参加し、9月には二泊三日のゼミ合宿に行きました。このほかにも、毎回ゼミの後に、有志によるアフターがありました。また、ノリ任せの突発的な飲み会もありました。飲み会の参加は任意で強制されることは一切ありませんが、参加率はかなり高いです!


Q.拘束時間は?
A.基本的に、木曜日5限以外で拘束されることはありません。ただし、発表者の予習時間は3-10時間程度かかります。(発表者になることは月1回程度です。09年度の場合)


Q.インゼミ・三商ゼミはあるの?
A.「やりたいね~」という話は出ているものの、全く計画を立てていません。当分の間ないと考えていただいて大丈夫だと思います。


Q.サブゼミはあるの?
A.サブゼミをやるか否かは学生の皆さんのやる気に応じると思います。もし「やりたい」という意欲旺盛な方はやってもいいんじゃないでしょうか。ちなみに、我々は行ってません。


Q.テキストは和書?洋書?
A.一つ上の先輩方は和書を読み終えた後、洋書に移ったようですが、我々(新4年生)は2年間ずっと和書の予定です。


Q.黒住英司先生はぶっちゃけどんな先生?
A.とっても気さくで優しい方です。ただ、発表の際にわからないところを誤魔化そうとすると厳しく指摘されますが…(笑)あと、計量経済学のどっかの分野にて世界的に評価されている研究者らしいです。世界で20位とかなんとか!?若くして教授になられた先生です。

  • 最終更新:2010-01-29 01:07:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード